いざ、スカーレットの世界へ!
- 穴窯体験講座 -

Produced by Tanikangama

NHK 朝ドラスカーレットのロケ地、
窯元谷寛窯(丸熊陶業)で
作陶と穴窯の窯焚き体験をしよう!

六古窯の一つ本場信楽で、貴重な資源である昭和初期の陶土を使い、貴方だけの作品を制作することで、
ヒロイン・川原喜美子が惹かれていった信楽焼の魅力を体感していただけます。
また、赤松や雑木を燃料とした本格的な穴窯を焚いたり、窯出ししたりする体験により、
陶芸の道を歩むことの奥深さやその醍醐味を味わって下さい。
窯元三代目当主、谷井芳山が丁寧に手ほどきし、作陶していただきますので、初心者の方でもお気軽にご参加下さい。

作陶体験のご案内

六古窯の一つ本場信楽で、貴重な資源である昭和初期の陶土を使い、貴方だけの作品を制作することで、
ヒロイン・川原喜美子が惹かれていった信楽焼の魅力を体感していただけます。

  • 陶芸教室
    陶芸教室

    芳山の手ほどきで初めての方でも安心して楽しい作品作りが出来ます。

  • 火入れ式
    火入れ式

    地元の愛宕山の火の神様に対し、無事に素晴らしい作品が生まれますようにと
    心より祈念して、心を洗い流します。

  • 薪入れ
    薪入れ

    窯の中の様子を見極めながら、慎重に手早く薪を投入して徐々に温度を上げてゆきます。

  • 薪割
    薪割

    赤松や雑木の割木の太さを調整するために斧で割る作業をします。

  • 100時間かけてじっくり焼き上げる
    100時間かけてじっくり焼き上げる

    4昼夜半近くじっくりと窯の火の神様と対峙しながら焼き上げます。

  • 自然釉が溶け出す
    自然釉が溶け出す

    窯内の温度が1200℃を超え、薪の灰が粘土の中のガラスの成分を溶かし始め
    自然釉が生まれてゆく様が発見できます。

  • 窯内の燠をかき混ぜ灰を窯内に飛ばす
    窯内の燠をかき混ぜ灰を窯内に飛ばす

    どんどんと薪を投入する作業する中で、燠をかき混ぜることによって
    炎の流れに灰が乗って、作品に振り被ります。

  • 引き出し
    引き出し

    焚き始めて約3日目に入ると窯内も1300℃を超えて参ります。
    入り口近くの花入れを引き出しどれぐらいの自然釉が付いているか確かめます。

  • 窯内の音と煙突から出る煙の色を確認する
    窯内の音と煙突から出る煙の色を確認する

    窯内の薪が空気の調整により燃え盛り、作品の間を炎と煙が
    なめるように走る音を聴き分け煙突に抜けてゆく様を観察します。
    また、煙突から出る煙の色を見極めて、薪の投入のタイミングを推し量ります。

  • 赤松を投入した直後の煙の色
    赤松を投入した直後の煙の色

    窯内に赤松の割木を投入した直後は、SL列車の様な黒い煙がモクモクと
    勢いよく吐き出します。暫く経つとその色は薄い灰色に変わり、後に無色になります。

  • 窯出し
    窯出し

    穴窯の窯焚きが終了し、ゆっくりと窯を冷ましてからワクワクハラハラする
    窯出し作業をします。全て窯から作品を出して、手伝いをしてくれた友人と
    にこやかに雑談しています。窯主は厳しい顔つきですが・・・

  • 窯主のお気に入り作品
    窯主のお気に入り作品

    この茶碗は、自然釉が見事に現れた芳山お気に入りの一品です。
    皆さんとご一緒にお茶を飲める事を楽しみにしております。

イベントの流れ
#01

作品作りについて

今回使用する窯は、「炎舞炫燿窯」と名付けた特別仕様の穴窯です。
NHK朝ドラ、スカーレット(緋色)の意味合いもあり、「穴登り」と言うスタイルの
窯で焼き上げます。
この窯の特徴は部屋が二つに分かれており、本体の部屋は
穴窯独特の色合いが出ます。もう一つの部屋は登り窯の雰囲気がでて、
明るい緋色が味わえます。本体の部屋には、焼き上げサイズ15㎤くらいの
壺や花入、茶碗等で1点、緋色の部屋ではぐい呑、湯呑み、徳利程度のサイズで
1点、合計2点の作品を制作していただきます。

作品作りについて
#02

窯焚きについて

まず、火の神様に祈りを捧げる「火入れ式」から始まります。
その後、昼夜100時間火を絶やすことなく手作業で薪を投じ続ける作業を行います。
窯の中では、まるで生き物のように炎が舞い、薪の灰が作品に降り掛かり
信楽焼の味わいが出てきます。焼き物の醍醐味は薪窯での焼成であり、
人の予想を超える自然の恩恵が作品にもたらされます。
薪窯は一人では出来ません。仲間と一緒にやる事で楽しさや達成感が得られます。
作品を自分で焼く、陶芸が好きな人なら一度はやってみたいですよね。

窯焚き、窯出しについて
#03

窯出しと焼きあがりについて

信楽焼の始まりは、鎌倉、室町時代と言われ、その頃は薪を燃料とした穴窯で
約1200℃から1300℃の炎の中で数日間焼かれました。
山の斜面を利用してトンネルのような形の部屋で、火前と窯の奥とでは
100℃くらいの温度差があります。
薪の灰が作品に被り、手前では味わいのある
自然釉が表現されます。窯の奥の方には灰がうっすらと降りかかり綺麗な
スカーレット(緋色)が現れます。
皆様の作品がどの場所に窯詰めされるかによって、
全て違った味わいに焼きあがりますので、その穴窯の特徴をご理解いただきまして
ご参加願います。
窯が完全に冷めてから、いよいよワクワクする窯出しです。穴窯の作品はガス窯や
電気窯と違い、全てが一品作品です。世界で一つだけの自分の作品の窯出しを
体験して下さい。

穴窯の焼きあがりについて

料金・開催日程

2020年3月18日から7月8日の間に作陶日を設けています。穴窯に入る作品の数が限られているため、
参加人数は限定100名様とさせていただきますので、
ふるってのご参加お待ち致しています。

参加費用に関して

参加費はお一人様28000円(税別)になります。
尚、こちらにお申し込みいただいたお客様は、「作陶」「窯焚き」「窯出し」全ての工程にご参加いただけます。

体験

作陶体験 開催日程

ご準備いただく持ち物

①前掛け、または汚れても良い軽装と靴でお越しください

②タオル又はハンカチ

日程 時間 定員
人数
予約No.
2020年
3月18日(水)
13:00~17:00 6名 №20318PM
2020年
3月19日(木)
13:00~17:00 6名 №20319PM
2020年
3月21日(土)
13:00~17:00 6名 №20321PM
2020年
3月22日(日)
13:00~17:00 6名 №20322PM
2020年
4月8日(水)
13:00~17:00 6名 №20408PM
2020年
4月9日(木)
13:00~17:00 6名 №20409PM
2020年
4月18日(土)
13:00~17:00 6名 №20418PM
2020年
4月19日(日)
13:00~17:00 6名 №20419PM
2020年
5月9日(土)
13:00~17:00 6名 №20509PM
2020年
5月10日(日)
13:00~17:00 6名 №20510PM
2020年
5月20日(水)
13:00~17:00 6名 №20520PM
2020年
5月21日(木)
13:00~17:00 6名 №20521PM
2020年
6月10日(水)
13:00~17:00 6名 №20610PM
2020年
6月11日(木)
13:00~17:00 6名 №20611PM
2020年
6月20日(土)
13:00~17:00 6名 №20620PM
2020年
6月21日(日)
13:00~17:00 6名 №20621PM
2020年
7月8日(水)
13:00~17:00 4名 №20708PM
開催日程予備日

開催予定日が台風や地震などの天災により開催できなかった場合は下記日程へ変更となります。
変更の場合は個別にご連絡致します。

予備日程 時間
2020年
3月26日(木)
13:00~17:00
2020年
3月28日(土)
13:00~17:00
2020年
4月16日(木)
13:00~17:00
2020年
4月26日(日)
13:00~17:00
2020年
5月17日(日)
13:00~17:00
2020年
5月27日(水)
13:00~17:00
2020年
6月17日(水)
13:00~17:00
2020年
6月28日(日)
13:00~17:00
2020年
7月11日(土)
13:00~17:00
体験

穴窯焼成体験 開催日程

「窯焚き体験参加のお客様へお知らせ」
2020年9月16日(水)午後12:00〜「火入れ式」から9/20午後6:00頃までの約100時間、基本的には24時間四六時中見学は可能ですが、
実際の窯焚きによる「薪入れ体験」の希望日や時間の割り振りについては
この講座にお申込みされたお客様が作陶教室に参加された折に直接、第1、第2希望をお聴きいたします。
但し人数が集中した場合は、こちらで調整させていただきますのでご了承下さい。お客様の薪入れ体験日程の詳細は9月1日以降に弊社ホームページで
回覧出来るようにいたします。
その他、ライングループの作成やメール等でお知らせ致します。

ご準備いただく持ち物

① なるべく綿素材の服装
(化繊素材のものはお避け下さい)と運動靴

②タオル数枚

③水分補給のための水筒、水又はスポーツドリンク

日程 時間 時間・作業内容 窯焚き
時間
2020年
9月16日(水)
12:00〜 12:00〜
火入れ式 -
炙りスタート
炙り
窯入り口下段空気穴の
外で炙る
2020年
9月17日(木)
12:00〜 12:00〜
薪入れ口上部から
窯内へ投入始める
攻め炊き
温度を上げる作業
24時間
2020年
9月18日(金)
12:00〜 12:00〜
攻め炊き~引っ張り
(温度の上げ下げ)
48時間
2020年
9月19日(土)
12:00〜 12:00〜
攻め炊き~引っ張り
引き出し
攻め炊き~引っ張り
(温度の上げ下げ)
緋色の間に移動して焼成
72時間
2020年
9月20日(日)
12:00〜 12:00〜
攻め炊き
96時間
16:00〜18:00
窯焚き終了
引っ張り
頃合いを診て火止め
4~6時間
追加
煙突ダンパー
レンガ蓋閉め
煙突ダンパー
レンガ蓋閉め
合計100
時間強
指定の温度まで冷ます 指定の温度まで冷ます
体験

窯出し体験 開催日程

ご準備いただく持ち物

①なるべく綿素材の服装
(化繊素材のものはお避け下さい)と運動靴

②タオル数枚

日程 時間 作業内容
2020年
9月27日(日)
13:00〜 皆さんと全員で
窯出しします

申し込み方法・注意事項

・お申し込みは下記のオンラインショップ谷寛窯ギャラリー陶ほうざん「スカーレットスペシャルイベント穴窯体験講座」にてお申し込みいただけます。

・このスペシャルイベントに関するご質問等はメール又はお電話でも受け付けております。

・「窯焚き」 と「窯出し」の体験はご参加ご自由ですが、主催者側といたしましてはこちらの体験を通じて感動を味わっていただきたいと願っておりますので、ご都合のつくお客様には、なるべくご参加下さいます様、お願い申し上げます。

・発送について
窯出し後、作品の発送ご希望のお客様につきましては丁寧に梱包して送らせていただきますが、万が一破損した場合の責任は負いかねますので、
ご了承くださいませ。尚、送料につきましてはお客様負担でお願い致します。

【キャンセルについて】

・弊社都合により講義開催が出来なくなった時、また自然災害により講義開催が不可能になった場合は、
その日のご予約のお客様に個々にお知らせさせていただきます。その際、日程変更か、もしくは全額返金のどちらかをお選びいただけます。

・お客様都合のキャンセルについて
他のお客様のご迷惑になりますので、原則キャンセルは受け付けておりません。
但し、予定日にご都合が悪くなった場合で、日程を変更ご希望のお客様は、ご予約日の10日前迄にメール、若しくはお電話にてご相談ください。
日程調整が可能な場合は、他の日程で調節するなど、出来る限りの対応をさせていただきます。
お申し込み後の完全キャンセルの場合は、キャンセル費用50%を頂戴させていただいておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

img

ACCSESS

谷寛窯へのアクセス

  • 住所 / 〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野788
  • 営業時間 : AM 10:30 閉館時間 : PM 5:00
  • 休館日 : 火曜日、年末・年始
  • TEL / 0748-82-2462 FAX / 0748-82-0200
  • e-mail : info@tanikangama.com
地図